『子育てしやすい家づくり』について聞きました。

 7e433b56cf07e18d0cb244f4ca196421_s

◆今回のテーマは『子育てしやすい家づくり』です。

家族にとっての生活の舞台であるマイホーム。子育て中のママ・パパがマイホームを建てるときに、「子育てしやすい家」を重視する方も多いのではないでしょうか。「子育てしやすい家」と言っても、安全面だったり家族とのコミュニケーションの取りやすさだったり、重視する面はいろいろあると思いますが、マイホームを新築で建てた方、建築中の方、検討中の方に、子育てを考慮してどのような住宅を建てたか、または建てたいか聞いてみました!

(2018年12月実施アンケートより)

🎤みなさんに聞きました!
Q.子育てのしやすさや環境など、子育てを考慮して住宅を建てたいですか、または建てましたか?

3ad3e57bc21149ad32292e4ce5f79117_s

いずれも、子育てを考慮して建てたい・建てたという回答が多かったです。では、具体的にどのようなことを考慮して建てたい・建てたのでしょうか。詳しく聞いてみました!

🎤子育てを考慮して建てたい・建てた、とお答えの方に聞きました!
Q.具体的にどのようなことを考慮して建てたいですか、または建てましたか?

5bf54ef4875480a18a3c6939de5c8cde_s

まずは、これから建てることを検討中の方の回答です。

1位 キッチンからリビングが見える
2位 収納を広くする
3位 日当たり、風通しの良さ
4位 子ども部屋がある
5位 リビングに学習スペースがある

次は、既に建てた方の回答です。

1位 子ども部屋がある
2位 キッチンからリビングが見える
3位 収納を広くする
4位 リビングに学習スペースがある
5位 日当たり、風通しの良さ

その他の回答
・無添加など体に良い素材を使った
・リビングを通ってからじゃないと自分の部屋に行けないようにした
・おしゃれ電気ばかり薦められたが明るい大きな電気にしてもらった

🎤家を建てた方に聞きました!
Q.子育てを考慮して設計した部分で、ここはこうして良かったなと思うところを教えてください。

c85782a4ff8ea153c4082a69677d7a1c_s

【子ども部屋】

・子ども部屋の壁を取り外し出来るようにしたお陰で広々自由に使うことができている。
・子ども部屋の収納を最初から付けて建てたので、後から家具を購入せずにスッキリとたくさん入って満足。地震で倒れる心配もなし!
・リビングの隣に子ども部屋があるので、リビングにおもちゃを置かなくていい。

【キッチン】

・キッチンからリビングと畳の遊び部屋が見えるようにした。
・キッチンと洗面所を隣に配置した。

【リビング】

・広いリビングを設計したので子ども達が走り回ったり、遊んだりと目が届くとこで思い切り遊べる空間にできたことが良かった。
・リビングダイニングは段差無し、無駄な仕切り、ドアを無くした。 そのおかげで赤ちゃんが転びにくかったり、広々と遊べる。
・リビングの脇にウォークインクローゼットを置くことで、子どもが自分で着替えを準備する習慣がついた。
・リビング収納を作って良かった。
・リビングにホワイトボードの様なスペースを作ったので、プリントの管理が楽。
・リビングから2階の各部屋のドアが見える設計になっているので、声かけがしやすい。
・子どもが勉強できるスペース(和室)をリビングと続けて作ったので、宿題などを家事をしながらみてあげられる。

【玄関】

・玄関を少し広めに取ったのでベビーカーが置けた。
・玄関の収納にベビーカーや雨具等置けるようにした。
・玄関にシューズクロークをつけることで、ベビーカーの収納やコートなどの脱ぎ着、靴の出し入れをすぐできる。
・シューズクロークを広めにした。子どもが増えて靴が多くなってもしまえた。
・玄関前に、駐輪スペースがあり雨に濡れることがなく良かった。
・外物入れを作ったので、子どもの成長に伴うベビーカーや自転車をいれることができた。

【その他】

・ 2階の寝室を広く取ったことで子どもが小さい時はベッドを3台入れてみんなで川の字で寝れたし、これから親離れした時子どもは個々の部屋で寝て親2人は広い寝室で過ごすことができるのでいい設計にしたなと感じた。 
・動線を遮らず行き止まりのない設計にした。
・回遊できる間取りで、子どもがぐるぐる歩き回れて楽しそうだし、導線も良い。
・子どもがいると洗濯が多くなるので、専用サンルームを作った。

🎤家を建てた方に聞きました!
Q.子育てを考慮せずに設計した部分で、もっとこうすれば良かったなと思うところがあれば教えてください。

4cf82af3f7622e416239302bc537244b_s

・子ども部屋を2部屋つくったが、初めは壁がなくてもいいかな~と思った。
・スキップフロアで仕切りがなく、家のどこでも同じ温度なので、冷暖房費がかなりかかってしまった。仕切れるようもっと工夫すれば良かった。
・キッチン入口を広くとったのでベビーゲートを大物にしなければいけなかった。
・キッチンと浴室の距離を近づけなかったら料理の支度と子どものお風呂準備の同時進行がしにくかったので、キッチンと浴室は動線をまっすぐ取れば良かった。
・あまり考えずに直線階段にしてしまったが、赤ちゃんの事を考え、折れ曲がり階段等にするとか、その他、段差を低くしたり、一段の長さ(幅)を長くしたりすれば良かった。危険でとても後悔している。
・ピアノを後から購入した為、スペースがなくよく考えれば良かった。
・玩具などの収納スペースを1階、もしくはリビングにもう少し大きく作れば良かった。
・玄関収納が小さすぎた。 ベビーカー、外用おもちゃ、ストライダー、そりなど子どもの物が予想よりも多く溢れてしまった。
・子どもが泥だらけで帰ってきて、玄関タイルの汚れが目立つ。濃い色にすれば良かった。

子育てを考慮して設計した部分で良かった場所やお気に入りの場所の写真を投稿していただきました!

図7

『編集後記』

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s

 今回のアンケートでは、子どもの人数が増える分だけ物や洗濯物、靴なども増えるので、子どもの人数に応じた広さの収納、洗濯物を干すスペース、シューズクロークが必要だという意見が非常にたくさんありました。また、子どもが小さいときはベビーカーを、大きくなると自転車を置くスペースが必要になるなど、後に必要になってくるものもあるので、子どもが成長したときのことを考えて設計する必要があるということが分かりました。
更に実際に子どもと一緒に住んでみないと分からない部分も回答にたくさんあったので、これから家を建てようと思っている方にとってはとても参考になるのではないかと思います。

いつかマイホームを建てたい!とお考えの方是非、参考にして頂ければと思います。

🏠新潟ママのホンネはコチラ
🏠住宅イベント・フェア情報はコチラ
🏠住宅見学会・勉強会情報はコチラ


次回のテーマは「子ども部屋」についてです。

★アンケート受付中★
アンケートに回答頂いた方の中から抽選で3名様に原信商品券1,000円分をプレゼントいたします!マイホームを建てた方、建築中の方、検討中の方、ぜひご協力をお願いいたします!

◆回答締切/2019年2月25日(月)
※回答を締め切りました。たくさんのご回答、ありがとうございました!
アンケートに答えるボタン